給茶機を清潔に保つための心得や取扱いの注意点

オリジナル見出し01

給茶機はお茶を任意の温度で自動的に抽出できる機器で、利便性が高いことからオフィスや食堂などで広く普及しています。



また、機器によってはお茶以外にコーヒーやジュース類などを扱うことが出来る物もあります。



給茶機は用途の性質上、機器の内部が常に高温で湿気も多いことからカビや害虫の発生に気を付ける必要があります。



お茶を抽出した後の茶葉やジュース類の飛沫などは機器の内部が不潔な状態になってしまう原因なので、定期的に清掃を行う事が重要です。



機器によっては内部構造が複雑な物もあるので、部品の結合部や配管の内側などは特に入念に洗浄するように心がけます。



内部に滞留した水もカビや悪臭の原因になるので、清掃後は綺麗に拭き取り、機器を作動させないときは内部を乾燥させた状態に保つことが清潔にするための心得になります。

給茶機は水道水を電熱器で加熱してお茶やコーヒーなどを抽出するので、取扱いには注意する必要があります。



特に清掃の際は機器の破損や感電などのトラブルを防ぐために必ず電源を切ってから作業を行う事が大切です。レンタル品の給茶機を扱うリース会社は修理業者に機器のメンテナンスを委託している所もあるので、利用契約を結ぶ際は詳細を確認しておきます。


美味しいお茶を味わうためには給茶機を常に良好な状態で使用できるように、日頃からメンテナンスを入念に行うことが重要になります。



そのため、機器の性能や部品の交換頻度などを把握したうえで丁寧に扱うことが利用者に求められる姿勢です。



関連リンク

  • タイトル21

    給茶機はお茶を任意の温度で自動的に抽出できる機器で、利便性が高いことからオフィスや食堂などで広く普及しています。また、機器によってはお茶以外にコーヒーやジュース類などを扱うことが出来る物もあります。...

  • タイトル22

    日本の飲み物として代表的であるのが、日本茶です。お茶の葉をそのまま炒って飲用にする日本茶は、緑の美しさと独特の苦味が楽しまれています。...